ギフテッドの頭の中

アメリカのギフテッド校に通う息子の子育てエピソードやギフテッド教育に関する私見、英語記事をメモ的にご紹介するブログです。お茶でも飲みながらゆっくり読んでいただけるとうれしいです。どうぞよろしくお願いいたします。

タグ:ギフテッド校

こんにちは、セロリです🌱大学のことを書こうと思っていたのですが、嬉しいことがあったので先に書きますね。先週末は学校でリトリートがあり、息子も2泊でキャンプに行ってきました。リトリートというのは同学年のみんなが仲良くなるためのイベントというか、親睦会の類で ...

こんにちは、セロリです🌱アメリカの大学費用があまりに高額で、息子がちょっと落ち込んでしまった話を書きました。これはあくまで私立の場合で、住んでいる州の公立大学なら学費はぐんと安くなります。授業料以外の経費をどれだけ抑えるかで変わりますが、私立の3分の1ぐ ...

こんにちは、セロリです🌱最近、息子は大学の準備で忙しくなってきました。アメリカは一発勝負の試験で決まるのではなく、高校の成績やエッセイ、SAT、課外活動など、たくさん準備をして臨みます。まさに4年間、いやそれ以上の年月の集大成ですね。ここで鍵になるのがエッセ ...

こんにちは、セロリです🌱最近、ギフテッド関連のニュースを見ることが増えました。そこで少し気になっているのが、”特異分野に突出した才能を持つが故に、学校の授業では満たされず困難を抱えている”とか、”頭が良すぎて他の子供たちと話が合わない”といった記事が目立 ...

こんにちは、セロリです🌱新学期が始まり、息子の授業スケジュールも決まりつつあります。息子の通うギフテッド校ではSTEM系科目がとても充実しています。ギフテッドの多様なニーズに応え、数学だけでもとても多くの専門的なクラスがオファーされているのですが、その分、時 ...

こんにちは、セロリです🌱小さい頃から息子はほとんどの知識を独学で得てきました。ギフテッド校に通っている今も、息子の学習スタイルはそれほど変わっていません。通信教材やCTYにお世話になることはありましたが、塾や家庭教師の類は行ったことがなく、彼の基本的な考えは ...

こんにちは、セロリです以前、息子の通うギフテッド校の説明会で、ギフテッドの子供たちは難しい問題を与えられたときに簡単に諦めてしまいがちだという話を聞きました。彼らにとっては問題を簡単と感じる状態がデフォルトであり、努力が必要な場面に慣れていないために投げ ...

こんにちは、セロリです。前回、知能検査についての記事で、状況によって信頼性が損なわれることがあると書きましたが、うちの息子の場合も大きく影響を受けましたので、今日はそれについて書きたいと思います。息子はこれまでIQテストを3回受けました。最初は4歳の時にWII ...

↑このページのトップヘ